浮気・不倫にお悩みの方へ

旦那が浮気で家出したときに妻が絶対知っておきたいこと

「旦那が突然家出した!これからどうすればいいの!?」
「旦那が浮気相手の家に行ってしまった…。子どももいるのに、目の前がまっくら」

旦那が浮気をすると、ある日突然家出してしまうケースがあります。

私も弁護士をしていた頃、それまで家族思いだった旦那さまがいきなり家出してしまったので、パニックになってしまった奥さまからのご相談をたくさん受けてきました。

旦那が突然家出すると、生活費も払ってもらえなくなってしまうので、妻にとっては死活問題です。

今回は、旦那が浮気して家出したときに妻が不利益を受けないために知っておきたいことをご説明します。


スポンサーリンク


1.まずは旦那の居場所を突き止める

ある日突然旦那がいなくなることがありますが、このようなとき、旦那は妻に行き先を告げないことが多いです。

旦那は家族を見捨てて浮気相手のもとに走っているので、妻に居場所がばれるとまずいと考えているからです。

そのまま放っておくと、旦那は連絡してきませんし、どこにいるのかすらわかりません。

また、旦那が家出をすると、生活費も払ってもらえなくなるケースが多数です。旦那は浮気相手に夢中になって浮気相手と一緒に住み始めているので、妻や子どもに払うお金などないし、

「妻にお金を渡すのはもったいない」

と考えているからです。

妻にとってはとんでもないことですよね!!強い怒りを感じます。

このようなときには、まずは旦那の居場所をつかむことが重要です。多くのケースでは旦那は浮気相手の家やその近くに行っていることが多いので、まずは浮気相手の家を突き止めるところから始めましょう。

2.浮気相手の家を突き止める方法

浮気相手の家を突き止めるには、以下のような方法があります。

2-1.GPSデータで調べる

旦那の携帯電話にGPSが入っている場合には、そのデータを追うことによって今の旦那の居場所がわかることがあります。旦那が浮気相手と一緒に住んでいたら、GPSデータから浮気相手の家が判明します。

2-2.浮気相手の電話番号、メールアドレスから調べる

浮気相手の電話番号やメールアドレスが判明している場合には、弁護士に相談すると、携帯電話会社に照会をして、契約者である浮気相手の氏名や住所を調べることが可能です。

このようにして、まずは浮気相手の家を突き止めましょう。

 

弁護士が運営する探偵事務所はこちら

離婚に強い弁護士を探すなら

 

3.旦那と浮気相手との浮気の証拠をつかむ

浮気相手の家がわかっても、それだけでは不十分です。そこに旦那が住んでいることがわからなければ、浮気を証明したことにならず、離婚も慰謝料請求もできないからです。

旦那が浮気相手の家に住んでいることを証明するには、浮気相手の家の周辺に張り付いて、旦那が浮気相手の家に出入りしているところをつかむ必要があります。

妻が自分で車などに乗って近くで待ち伏せをして観察をするのも良いですが、それではなかなかうまく写真も撮れませんし、有効な報告書を作ることもできません。

そこで、旦那が浮気相手の家に住んでいる証拠がほしいなら、プロの探偵事務所に依頼して、調査をしてもらいましょう。探偵事務所に数日張り付いてもらったら、旦那が浮気相手の家から出勤したり帰宅したり寝泊まりしたりしているところを押さえられます。

また、探偵事務所がきっちり調査報告書を作成したら、将来旦那との離婚裁判や浮気相手に対する慰謝料請求訴訟になったときにも使えます。

でも、探偵事務所なんて怖いし怪しいから、依頼できないという方も多いでしょう。わかります。私でもきっとそう感じて躊躇すると思います。
そんなあなたのため、私は良い探偵事務所を発見しました。
弁護士が運営している探偵事務所です。弁護士であれば、めったなことはできないので、その辺の探偵さんより安心です。
無料で相談に乗ってくれるので、よかったら一度相談してみて下さい。

弁護士が運営する探偵事務所はこちら

4.旦那に連絡を入れる

家出した旦那が浮気相手と一緒に住んでいるとわかったら、まずは旦那に連絡をして、戻ってくるように言うか、戻ってこないとしても生活費を払うように要求しましょう。

ただ、旦那が家出している場合には、普通にメールや電話などで連絡をしても応じないことが多いでしょう。その場合、次のステップに進む必要があります。

5.婚姻費用分担調停を起こす

家出した旦那が生活費を払わないと妻は生活に困ってしまうので、まずは家庭裁判所で「婚姻費用分担調停」を申し立てましょう。婚姻費用分担調停とは、生活費を求めるための調停です。

婚姻費用分担調停をすると、家庭裁判所に間に入ってもらって旦那との間で生活費の支払金額や支払い方法について取り決めができます。

旦那が支払いに応じない場合には、裁判所が旦那に生活費の支払い命令を下してくれます。旦那が審判(命令)に従わない場合には、旦那の給料や預貯金などを差し押さえることによって生活費を強制的に支払わせることも可能です。



6.離婚するか復縁するか決める

旦那が浮気相手の所に家出してしまったら、離婚するか復縁するかを考えましょう。

浮気(不貞)は離婚原因になるので、離婚することができますし、その場合には高額な慰謝料も請求できます。

一方で、子どものためにもまだ離婚したくないという場合には、離婚しないという選択肢もあります。不倫した側の配偶者が自分から離婚請求することはできないので、あなたが離婚を希望しなければ旦那は離婚することができません。

その場合、あなたが離婚に応じるまで、旦那は生活費を支払い続けなければなりません。

このように、婚姻を長びかせて生活費だけをもらい続けるというのも浮気して家出した旦那に対するペナルティになります。

 

7.離婚するなら離婚調停を申し立てる

もしも旦那と離婚したいなら、旦那に対して離婚調停を申し立てて、離婚の話し合いをすすめましょう。このとき、旦那は浮気して家出をしているのですから高い有責性が認められます。慰謝料も高額になるので、しっかり請求して受け取ると良いです。この場合の慰謝料はだいたい300万円程度となります。

また、夫婦共有財産がある場合には2分の1の割合の財産分与を受けとることができます。旦那が家出した場合には、慰謝料代わりにすべての財産分与をもらうことなども可能です。

もちろん子どもの親権はとるべきですし、法律的な相場に従った養育費も支払ってもらいましょう。

 

離婚に強い弁護士を探すなら

8.復縁したいなら同居調停を起こす

反対に、旦那と復縁したいならば、そのまま待っていてもかまいませんが、家庭裁判所で同居調停(円満調停)を起こす方法もあります。同居調停(円満調停)とは、家庭裁判所の調停委員を介して夫婦が復縁する方法を話しあう手続きです。

同居調停が成立したら、旦那が家に戻ってきてまた元のように暮らせる可能性もあります。

 

旦那が家出したら、浮気の証拠を集めよう

旦那が浮気して家出した場合、妻としては重大な不利益を受けます。しかしそのような場合でも、あきらめずにまずは旦那が浮気相手のところで一緒に住んでいる証拠集めから始めましょう。証拠をもっていると、それだけで非常に有利になります。生活費も支払ってもらえますし、離婚するにしても復縁するにしても希望を叶えやすくなります。

確かに探偵事務所は怪しいイメージもありますが、先ほどもお伝えしたように、弁護士が運営している探偵事務所なら安心感があるので、一度相談してみても良いと思います。

弁護士が運営する探偵事務所はこちら

 

また、不倫女や旦那を懲らしめるため、自分でできることには限界があります。一人で抱え込むと、精神的にもきついですよね?うつ病になってしまう方も多いので、要注意です。絶対弁護士の力を借りた方が良いです。これは、私の弁護士の経験上、本当に心から言えることなんで、どうか抱え込まずに弁護士に相談してみてほしいです。
無料で離婚問題に強い弁護士を探せる便利な離婚サポートサービスがあるので、弁護士に心当たりのないあなたは、利用してみて下さい。

無料で離婚サポート弁護士を探すならこちら

ABOUT ME
ぴりか
元弁護士としての経験を活かして、離婚問題、親権、養育費、浮気、DV、夫婦関係の問題にお悩みの方々のサポートを行い対と考えております。現役時代は女性弁護士として、離婚・男女問題に積極的に取り組んでおりました。浮気されたとき、後に後悔しないためには当初から適切な対応が必要です。このブログでアドバイスをしていきますので、是非とも参考にしてみてください。 ツイッターで情報発信しているので、お気軽にフォローして下さると嬉しいです!

スポンサーリンク