浮気・不倫にお悩みの方へ

旦那の不倫相手が外国人の場合の慰謝料請求

「旦那の不倫相手が外国人っぽい」

「外国人相手でも、慰謝料請求できるの?裁判はどこですればいい?」

「不倫相手が本国に帰ってしまったらどうしたらいいの?」

「不倫相手の外国人の素性がわからなくて困っている」

 

旦那が不倫しているだけでもショックなのに、その相手が外国人だった場合「なんで!?」と大きな衝撃を受けてしまう方が多いです。

しかし最近では、インバウンド効果もあって、外国人と不倫する人が増えているので注意が必要です。

 

今回は、旦那の不倫相手が外国人だった場合の慰謝料請求の問題点を解説します。(妻の不倫相手が外国人の場合も基本的に同じです)

離婚、浮気に強い弁護士に無料で相談


スポンサーリンク


1.旦那の不倫相手が外国人でも、日本で慰謝料請求できる

そもそも旦那の不倫相手が外国人の場合、慰謝料は発生するのでしょうか?

 

…問題なく発生します。

不倫によって被害者が大きな精神的苦痛を受けるのは、相手が日本人だろうと外国人だろうと同じだからです。

慰謝料の金額も、不倫相手が日本人の場合と同じです。外国人だから、慰謝料のことをよく知らないから、慰謝料が安く済む、ということはありません。

 

そこで、日本人に対するのと同じように、内容証明郵便を使って慰謝料請求を進めましょう。

話合いで解決できれば、外国人の不倫相手から慰謝料を支払ってもらえます。

弁護士が運営している探偵事務所に匿名で相談してみる

2.旦那の不倫相手が外国人でも、日本の裁判所で審理できる

旦那の不倫相手と話合いをしても慰謝料について合意できない場合には、慰謝料請求訴訟を起こす必要があります。

このときの裁判所は、どこになるのでしょうか?

日本の裁判所で審理できるのか、それとも不倫相手の本国の裁判所となってしまうのか、これは大問題です。もしも不倫相手の本国の裁判所で審理されるなら、わざわざ外国に行って裁判を起こさないといけませんし、外国人の弁護士を雇う必要があり、多大な負担となってしまいます。

 

実はこの場合、日本の裁判所で審理できます。法律では、「不法行為地の裁判所」で裁判できると定められているからです。つまり、不倫が行われた日本で裁判できるということです。

 

よって、旦那の不倫相手との交渉が決裂したら、日本の裁判所で訴訟を起こして慰謝料請求を進めることが可能です。

裁判に勝つために…!弁護士に無料で相談



3.旦那の不倫相手が外国人でも、日本の法律が適用される

日本の裁判所で訴訟ができるとしても「どの法律が適用されるか」は別問題です。

外国人が相手だと、不倫相手の本国の法律が適用されるのでしょうか?

 

そうではなく、日本の法律が適用されます。

法律では、基本的に、不法行為の結果が発生した場所の法律が適用されることになっているからです。

不倫の場合の「不法行為の結果」とは、あなたが精神的苦痛を受けたことです。

もちろんその結果は日本で発生しているから、日本の法律が適用されます。

 

このように、旦那の不倫相手が外国人であっても、普通に日本の裁判所で日本の法律を適用して慰謝料請求できるので、まったく恐れる必要はありません。

 

離婚、浮気に強い弁護士の紹介を受ける

4.不倫相手が本国に帰ってしまったら慰謝料の取り立てが困難となる

しかし、不倫相手が本国に帰ってしまった場合には、慰謝料を払ってもらえる可能性が大きく低下します。

相手が本国にいる場合、相手の居住国の裁判所で強制執行をしなければなりませんし、執行する財産も海外の財産になる可能性が高いからです。

不倫相手の海外資産を見つけるのは困難を極めるので、実際には取り立てができなくなってしまうでしょう。

そこで、旦那の不倫相手が日本にいる間にきっちり慰謝料請求をして、必要な支払いをさせておく必要があります。

 

相手が外国人の場合には、日本人の場合よりも急いで手続きを進めましょう。

信頼できる探偵事務所を紹介してもらう



5.早期に不倫相手の居場所を特定して慰謝料請求する

旦那の不倫相手が外国人の場合、相手がどこのどういう人かわからないことがとても多いです。

メールアドレスや電話番号、写真などの断片的な情報しかわからないこともあるでしょう。

このような場合には、2つの対処方法があります。

5-1.離婚に強い弁護士に依頼する

1つは、弁護士に依頼して、電話番号やメールアドレスから旦那の不倫相手を割り出してもらう方法です。弁護士の職権で電話会社などに照会して、不倫相手の素性を明らかにできる可能性があります。

5-2.探偵事務所に依頼する

メールアドレスや電話番号すら不明な場合、弁護士照会でも回答してもらえなかった場合には、探偵事務所に依頼して、旦那のあとをつけて不倫相手を特定する方法が有効です。

探偵事務所に依頼すると、不倫の現場を押さえた調査報告書を作ってもらえるので、不倫の証拠も入手できて一石二鳥です。

 

きちんと証拠があり、早急に日本の裁判所で慰謝料請求訴訟を起こせば、外国人相手でも慰謝料を支払わせることが可能となります。

弁護士が運営している探偵事務所に匿名で相談してみる

6.離婚弁護士の探し方

離婚に強い弁護士を探すときには、ネットで全国の離婚弁護士を無料で紹介してもらえるサービスがあるので、利用すると便利です。

今はもう、弁護士の紹介を受ける時代は終わっており、多くの人は自分で信頼できる弁護士をネットで検索しています。そうして依頼した弁護士の方が、納得できる解決をもたらしてくれる上、費用も安いからです。

以下の離婚サポートサイトから、あなたに合った弁護士を見つけてみて下さい。
離婚、浮気に強い弁護士に無料で相談

7.信頼できる探偵事務所の探し方

一昔前は、探偵事務所というと怪しいイメージがありましたが、今は探偵業法なども整備されてどんどんクリーンなイメージに転換してきています。

中でも私が良いのではないかと思うのが、弁護士が運営している探偵事務所です。弁護士であれば信頼性が高いですし、裁判にも精通しているので、証拠能力の高い調査報告書を作成してくれます。全国対応していて、相談は無料ですし、匿名で相談できるので、一度問合せをしてみると良いでしょう。

弁護士が運営している探偵事務所に匿名で相談してみる

旦那の不倫相手が外国人であっても、泣き寝入りする必要はありません。弁護士や探偵などの専門家の力を借りて、早めに慰謝料請求を進めましょう。

ABOUT ME
ぴりか
元弁護士としての経験を活かして、離婚問題、親権、養育費、浮気、DV、夫婦関係の問題にお悩みの方々のサポートを行い対と考えております。現役時代は女性弁護士として、離婚・男女問題に積極的に取り組んでおりました。浮気されたとき、後に後悔しないためには当初から適切な対応が必要です。このブログでアドバイスをしていきますので、是非とも参考にしてみてください。 ツイッターで情報発信しているので、お気軽にフォローして下さると嬉しいです!

スポンサーリンク