浮気・不倫にお悩みの方へ

ダブル不倫とは?旦那の浮気で慰謝料請求するときの注意点について元弁護士が解説!

「旦那がダブル不倫しているみたいだけど、不倫相手の女に慰謝料請求しても問題はない?」

「ダブル不倫と普通の不倫は何が違うの?」

旦那が不倫しているだけでもものすごいショックを受けますが、それがダブル不倫だったらさらに驚きショックですよね…。

ダブル不倫で慰謝料請求をするときには、普通の不倫とは異なる注意が必要になります。

私も弁護士の現役時代、ダブル不倫の事件を数多く取り扱いましたが、どれもこれも神経を使うものでした。

今回は、ダブル不倫で慰謝料請求するときの注意点を、元弁護士の私が解説します。


スポンサーリンク


1.ダブル不倫とは

「ダブル不倫って何となくわかるけれど、正確にはよくわからない」

まずはダブル不倫とはどのようなことか、理解しましょう。

ダブル不倫は、不倫している当事者が二人とも既婚の場合の不倫です。

つまり、どちらにも夫や妻がいるのに、既婚者同士が不倫していたらダブル不倫です。

たとえばあなたの旦那が夫のいる女性と不倫していたら、ダブル不倫ということになります。

旦那が不倫しているだけでもショックですが、夫のいる女とつきあっているとわかったら、どう思うでしょう?

「なんでわざわざそんなややこしい人と不倫するの?」と思い、驚きあきれてしまい、嫌になってしまいますよね。

でも、ダブル不倫にはまる人ははまってしまうのです。

2.ダブル不倫でも慰謝料請求できる

旦那がダブル不倫しているときにも、通常の不倫のケースと同様、不倫相手の女性に慰謝料請求することができます。

慰謝料の金額が安くなることもありません。

3.ダブル不倫で慰謝料請求するときの注意点

ダブル不倫で慰謝料請求するときには、注意点があります。

それは、慰謝料請求すると不倫相手の旦那に不倫がバレる可能性があることです。

このことでどのような問題が発生するのでしょうか?

離婚するときとしないときとで異なるので、分けて解説しますね。

4.旦那と復縁するときの問題

旦那が不倫をしても、すぐに別れることは少ないです。特にダブル不倫の場合、お互い(旦那と不倫相手の女性)が遊びであることも多いので、妻であるあなたが旦那を許しさえすれば修復できます。修復したら、また夫婦として協力して家庭生活を続けていくことになります。

ところがダブル不倫が不倫相手の旦那にバレると、相手の旦那がこちらの旦那に慰謝料請求してくる可能性が高いですよね。

そうなると、夫婦の家計から相手の旦那に慰謝料を支払わないといけません。

こちらが相手の女性から慰謝料をとれたとしても、反対にこちらの財産から相手の旦那に慰謝料を払わないといけないので、結局は慰謝料のクロス払いのようになり、あまり意味がなくなります。

単に慰謝料請求する手間がかかっただけ、ということにもなりかねません。

また、不倫の慰謝料は離婚すると高額になりますが、復縁すると安くなるので、相手の夫婦が離婚してこちらが復縁する場合には、こちらの方が高い慰謝料を払わなければならない可能性も高くなり、不利益が大きくなります。

そこで、旦那と復縁するときには、あえてダブル不倫の相手女性に慰謝料請求をしない方が良いこともあります。



5.旦那と離婚するときの問題

次に、旦那と離婚するときの問題をみてみましょう。

旦那と離婚するなら、あなたと旦那の家計は別になるので、相手の旦那があなたの旦那に慰謝料請求してきても問題はなさそうです。

しかし、離婚するときにはあなた自身も旦那に慰謝料請求しなければなりませんし、財産分与も請求します。

ところが旦那が不倫相手の旦那から慰謝料請求されてしまうと、旦那がそちらの慰謝料にお金を取られて、あなたに対し「慰謝料を払う金がない」などと言い出すことがとても多いのです。

すると、旦那との離婚協議が難航しますし、適切な慰謝料や財産分与、養育費などを受け取れなくなる可能性もあります。

そこで、離婚する場合にも、やはり不倫相手の女性に慰謝料請求するときには慎重に対応しないといけません。



6.ダブル不倫の場合の適切な対処方法とは?

旦那がダブル不倫している場合、不倫相手の女性に慰謝料請求するかどうか、慎重に検討すべきです。すでに不倫相手の旦那に不倫がバレているならともかく、慰謝料請求によって不倫相手の旦那にバレてしまう可能性があるからです。

また、旦那と復縁するのか離婚するのかによっても対処方法が変わってきますし、不倫相手の女性と慰謝料の交渉をするときにも、騒ぎが大きくならないように慎重に対応する必要性が高まります。

 

ダブル不倫で慰謝料を請求するときには、自分一人で対応しようとしても失敗してしまうことが多いです。

リスクを避けるため、専門家によるアドバイスを受けましょう。

弁護士であれば、これまでの経験をもとに、あなたに適切なアドバイスをしてくれますし、不倫相手の女性に対する慰謝料請求の交渉も任せることができます。

相手の旦那からこちらの旦那に慰謝料請求されて、話がややこしくなってしまったときにも、スピーディに最適な対処方法をとってくれるので、ダメージを最小限にすることができます。

旦那がダブル不倫したら、行動を起こす前に、まずは弁護士に相談してみてください。

「弁護士なんて、どうやって探したら良いの?」

今は、全国の弁護士事務所から、あなたの近くの離婚問題に強い弁護士を探せるサイトがあるので、一度利用してみると良いでしょう。利用料金は無料なので、安心して使えると思います。もちろん、知り合いから紹介を受けられる方は、それでもかまいません。


また、ダブル不倫している相手の女性の素性がわからない場合には、まずは相手の状況を調べる必要があります。不倫の証拠が手元にない場合には、証拠集めから始めましょう。

旦那の所持品や携帯などを調べて、できるだけ「肉体関係」を証明できるものを探します。不倫で慰謝料請求するためには、旦那と相手の女との間に肉体関係が必要だからです。

自分では十分な証拠を手に入れられない場合には、探偵事務所に依頼して尾行調査を依頼するのも1つです。

「探偵事務所になんて、怖くて相談できない…」

確かに探偵事務所に電話をするのは弁護士以上にハードルが高いですが、証拠を獲得するためには、勇気を出して踏み出しましょう。私の現役時代にも、探偵に調査を依頼して高額な慰謝料を勝ち取ることができた方がたくさんいらっしゃいます。

たとえばこちらの弁護士が運営している探偵事務所であれば、無料で相談に乗ってくれますし、弁護士が関与しているので、一般の探偵事務所より安心感が強いです。

旦那がダブル不倫していたら、問題がややこしくなって混乱状態に陥ってしまいます。

困ったときには弁護士や探偵などの力を借りて、少しずつ解決に向けて進んでいきましょう。

不倫されると精神的にきつくなってしまいますが、信じて進んで行けば必ず道は開けます。私は旦那の不倫に悩むあなたを応援しているので、諦めないで頑張って下さいね。
離婚に強い弁護士を探すならこちらサポート

もしも、今はまだ法律トラブルになっていないけれど、将来が不倫などのトラブルが心配、という場合には弁護士保険にはいっておくと良いと思います。弁護士保険に入っていたら、弁護士を無料で紹介してもらえますし、300万円までの弁護士費用を保険が負担してくれるので、慰謝料問題の場合には依頼者の負担額は0円となります。もしよかったら、資料請求してみてください。(もちろん無料です)

不倫問題で苦しむあなたのため,少しでもお力になれたらと願っています。

ABOUT ME
ぴりか
元弁護士としての経験を活かして、離婚問題、親権、養育費、浮気、DV、夫婦関係の問題にお悩みの方々のサポートを行い対と考えております。現役時代は女性弁護士として、離婚・男女問題に積極的に取り組んでおりました。浮気されたとき、後に後悔しないためには当初から適切な対応が必要です。このブログでアドバイスをしていきますので、是非とも参考にしてみてください。 ツイッターで情報発信しているので、お気軽にフォローして下さると嬉しいです!

スポンサーリンク