浮気・不倫にお悩みの方へ

不倫した旦那が離婚を強制してきたときの対処方法を元弁護士が解説!

「旦那が突然離婚したいと言ってきた…どうしたらいいの?」

「旦那が不倫してると思うんだけど、私の方が責められて離婚を迫られている」

「旦那の不倫の確証が持てない。このまま離婚されてしまうの?」

旦那が不倫すると、いきなり何の罪もないあなたに対して離婚を迫ってくることがあります。

そんなことになったら、混乱してどうしたらいいかわからなくなってしまいますよね。

でも、焦ることはありません。

することは1つ、「不倫の証拠を集めること」です。

以下で、不倫した旦那が離婚を強制してきたときの対処方法を、元弁護士で、離婚事件を数多く解決してきた私が解説しますね。
無料で弁護士に離婚相談するならこちら


スポンサーリンク


1.不倫した旦那が離婚請求してくる

世の中の多くの夫は、不倫して浮気相手の女性と再婚したいと思ったとき、あつかましくも、妻に対して「離婚してくれ」と言ってきます。

そのとき、もちろん「好きな相手ができたから別れたい」などとは言いません(中にはそのようにストレートに言ってくる人もいますが、少数です)。

多くは、以下のようなことを言います。

「君にはもううんざりだ。これ以上耐えられない」

「はじめから君のことは嫌いだった」

「今までずっと我慢してきた」

「これからは自分の自由な人生を行きたい」

これまで夫婦仲も良くて子煩悩だった旦那が、突然このようなことを言い出して、脅迫的に離婚を迫ってくるのだから、驚いてしまいますよね。

でも、あなたにとって旦那と別れるのは困るはず。

あなた自身の生活が成り立たなくなる可能性もありますし、子どものことも心配ですよね。やっぱり父母そろって子育てをしたいし、その方が「子どものためになる」という気持ちも大きいものです。

無料で弁護士の紹介を受ける

2.不倫した旦那は離婚請求できない

実は法律上、不倫した夫は自ら妻に対して離婚請求することが認められていません。

確かに、口頭で「離婚してくれ」と言うことはできます。あなたがそれに応じて離婚届を書いたら、役所に提出して協議離婚ができます。

しかし、あなたが離婚を拒絶したときに、旦那が離婚訴訟を起こしても裁判所は離婚を認めません。

旦那は、自ら不倫をして離婚原因を作った「有責配偶者」です。有責配偶者とは、離婚原因を作った責任のある配偶者、という意味です。

有責配偶者からの離婚請求はあまりに身勝手で信義に反するものと考えられるので、法律では認められていないのです。

3.不倫した旦那に離婚を強制されたとき、対処方法は「離婚を拒絶」

不倫した旦那が離婚を強制してきたとき、旦那と別れたくないあなたとしては、どうすればよいのでしょうか?

答えはシンプルです。

単純に「離婚を拒絶」し続けていれば良いのです。

あなたが離婚に応じない限り、旦那は調停をしても裁判をしても離婚することができません。延々と夫婦関係が継続します。
弁護士の意見を聞きたいな、と思ったら

4.生活費を請求しよう

旦那があなたに離婚を強制しようとして、家を出て行って生活費を入れなくなるケースもあります。

そのようなときには、家庭裁判所に「婚姻費用分担調停」を申し立てましょう。婚姻費用分担調停とは、相手に生活費を負担させるための調停です。

婚姻費用分担調停を申し立てると、家庭裁判所で調停委員を間にはさんで旦那と話合いができます。話合いをしても旦那が生活費支払いに応じない場合、裁判所が旦那に対して生活費の支払い命令を出してくれます。

裁判所の決定には強制力があるので、相手が命令に従わない場合には、あなたは旦那の給料や預貯金などを差し押さえることより、生活費を獲得することができます。

婚姻費用は離婚するまで延々と支払い続けなければなりません。

あなたが離婚を拒絶している限り、旦那はあなたに対して生活費を支払い続けなければならず、かといって離婚もできないという苦しい立場に追い込まれます。

この方法は、旦那に対する大きなペナルティになるので、「仕返ししてやりたい」と思うあなたの気持ちを少しでも晴らすことができると思いますよ!

無料で弁護士に離婚相談するならこちら

5.離婚届不受理申出をしておこう

5-1.勝手に離婚届を提出されると離婚が有効になってしまう

旦那が離婚を望んでいるとき、「勝手に離婚届を出されないように」注意が必要です。

協議離婚は、離婚届さえ提出すれば成立してしまいます。そこで、旦那があなたの署名押印を勝手に偽造して、虚偽の離婚届を役所に提出してしまうケースがあるのです。

もちろんこのようなことは違法で刑事罰も適用されるのですが、あなたが離婚に応じない限り有責配偶者である旦那は離婚できないので、思いあまってこのような無茶をすることがあります。

また、旦那が離婚届を偽造していても、役所にはそのことがわからないので、偽造した離婚届が提出されると、そのまま受け付けられてしまって一応離婚が有効になってしまうのです。

離婚を無効にするためには、家庭裁判所で「離婚無効確認調停」や「離婚無効確認訴訟」をしなければならず、大変な手間となります。

5-2.離婚届不受理申出をする

このようなことを避けるには、市町村役場で「離婚届不受理申出」をしておきましょう。

この手続きをしていたら、あなた自身の意思を確認できない限り、離婚届が受理されなくなります。旦那が勝手に離婚届を役所に持って行っても離婚できなくなるので、安心です。

市町村役場に行って、戸籍課で「離婚届不受理申出をしたい」と言ったら必要書類を渡してもらえるので、作成して提出しておきましょう。



6.不倫の証拠を集めることが何より重要

不倫した旦那が離婚を強制してくるとき、1つ重要なことがあります。それは、離婚を拒絶するためには、不倫の証拠が必要だということです。

6-1.証拠がないと、離婚されてしまうかも

裁判所は、証拠のない事実は認めないので、不倫した旦那が裁判で離婚請求してきたときに、不倫の証明ができなければ、不倫がないことを前提に「離婚を認める判決」を下されてしまう可能性があります。そのときには、旦那が不倫していない前提なので、慰謝料すら認められません。

お金ももらえず一方的に離婚されて、その後旦那と不倫相手が再婚、なんていうことになったら、まさに踏んだり蹴ったりですし、耐えられませんよね!

弁護士が運営する探偵事務所はこちら

6-2.肉体関係を示す証拠を集めましょう

そんなことにならないためには、絶対に不倫の証拠が必要なんです。

不倫を証明するためには、旦那と不倫相手の肉体関係を示すものが必要です。

法律上、不貞(不倫のこと)となるためには単に好意を抱いているだけでは足りず、肉体関係まで必要となるからです。

まずは旦那のスマホや所持品を調べて、不倫を示すような証拠がないか、探しましょう。

たとえば、メールや写真、携帯の通話履歴、デートの際に利用した領収証、スケジュール表や手帳、カレンダーなどから浮気が判明するケースもあります。旦那のブログやSNSなどを知っていたら、そういったものも過去ログから詳細に確認してみましょう。



6-3.探偵事務所を利用する方法も効果的

これらの証拠では肉体関係を証明出来ない場合には、探偵事務所に尾行調査を依頼する方法も1つです。

探偵事務所は、ターゲットにピッタリ張り付いて、ホテルに行くところや不倫相手の家に泊まるところなどを押さえて写真や動画を撮影し、詳細な調査報告書にまとめます。

これは、裁判でも有効な証拠として頻繁に利用されているので、旦那からの離婚請求を拒絶するためにも非常に有効です。

 

探偵事務所を選ぶときには、信頼性と調査能力が高く、費用もリーズナブルな有料事務所に依頼する必要があります。

弁護士が運営している探偵事務所がありますが、このようなところだったら信頼性も高いですし、無料で相談を受け付けてくれるので、一度利用してみるのも良いでしょう。

弁護士が運営する探偵事務所に相談してみる

7.旦那の不倫問題は、弁護士に相談すべき

旦那から離婚を強制されている場合、あなた一人で立ち向かうのは精神的にも体力的にも大変です。法的な知識不足から、旦那の都合の良いようにされてしまうおそれもあります。

そこで、必ず弁護士に相談して、対応してもらいましょう。

旦那の不倫問題は、一人で悩んでいると本当に辛くて死にたくなることもありますが、弁護士に相談するだけで、不思議なくらい気持ちが楽になるものです。

私も弁護士としての現役時代、多くの不倫された方からご相談を受けました。

みなさま最初はどんよりとして暗い顔をされていますが、相談を終えると少し明るさを取り戻し「気が楽になりました」「来て良かった」と晴れ晴れしたお顔で帰られていました。

だから、旦那の不倫問題は、絶対に一人で抱え込まずに、誰かに相談するようにしてほしいのです。

ただ、こうしたセンシティブな内容なので、誰でも良いというわけではありませんし、正確なアドバイスが必要ですから、やっぱり弁護士に相談するのがベストです。

無料で弁護士に離婚相談するならこちら

弁護士の知り合いなんていない、と思われるかもしれませんが、心配することはありません。

今は、全国の弁護士事務所からあなたの地域の離婚に強い弁護士を探せるインターネット上のサイトがあります。

こうしたサイトはすべて無料で利用できますし、弁護士自身が無料相談を受け付けていることも多いので、場合によっては0円で弁護士に相談ができるのです。

旦那の不倫問題で悩まれているならば、弁護士や探偵事務所などの専門家の力を借りながら、1つ1つ解決していきましょう。

弁護士が運営する探偵事務所に相談してみる

ABOUT ME
ぴりか
元弁護士としての経験を活かして、離婚問題、親権、養育費、浮気、DV、夫婦関係の問題にお悩みの方々のサポートを行い対と考えております。現役時代は女性弁護士として、離婚・男女問題に積極的に取り組んでおりました。浮気されたとき、後に後悔しないためには当初から適切な対応が必要です。このブログでアドバイスをしていきますので、是非とも参考にしてみてください。 ツイッターで情報発信しているので、お気軽にフォローして下さると嬉しいです!

スポンサーリンク