浮気の証拠

旦那の浮気メールを発見したときの証拠の残し方

「旦那のスマホをみていたら、浮気相手とのメールを発見してしまった…」

「メールは浮気の証拠になる?証拠にするにはどうしたらいいの?」

「浮気メールの相手(不倫相手)が誰かわからないから、調べたい」

 

ある日突然、旦那が知らない女性と浮気メールを交わしていると知ったら、ショックですよね。。

しかしそんなときこそ冷静になって、メールを「証拠」にすることが大切です。

 

メールを証拠にするにはコツがあり、適切にやらないと後に無価値になってしまうこともあるので要注意です。

今回は、旦那の浮気メールを発見したときの証拠の残し方を、元弁護士の私が解説します。

 


スポンサーリンク


1.価値のある浮気メールと価値のない浮気メールの違い

旦那のスマホをみていて、浮気相手とのメールやLINEのメッセージを発見してしまったら、あなたもきっと気が動転してしまうでしょう。

このようなときには、まずは気持ちを落ち着かせることが大切です。

また、浮気メールは内容によって、価値の高いものと低いものがあるので、的確に見極める必要があります。まずはその見極め方をご説明します。難しくないので安心してくださいね。

 

1-1.価値の高い浮気メールとは

価値の高い浮気メールは、ずばり「旦那と不倫相手の肉体関係」を示す内容が含まれているものです。

 

不倫や浮気のことを法律で「不貞」と言いますが、法律上の「不貞」と言えるためには男女の性関係が必要だからです。

単にデートをしているだけのプラトニックな関係では、「不貞」にならず、離婚請求も慰謝料請求もできません。

そこで、メールを証拠にするときにも、できるだけ「肉体関係」を直接示すようなものを探しましょう。

 

ただ、実際には旦那と浮気相手が、直接性関係を示すような会話をしていることは少ないです。

そこで、なるべく親密さがわかるようなメールを見つけます。

たとえば、旦那と浮気相手が一緒に旅行に行ったり、旦那が浮気相手の家に泊まったりしていることがわかるメールがあれば、肉体関係を推測できるので、かなり有効な証拠となります。

 

1-2.肉体関係がわからないメールも証拠にしておく

ただ、「好き」「会いたい」などと言っているだけの肉体関係がわからないメールであっても、無価値ではありません。不倫相手との写真や通話履歴などの他の証拠と合わせて、総合的な判断で不倫の証明に使うことはできるからです。

そこで、このようなメールでも、見つけたら証拠化しておくことが大切です。

探偵を探すなら

 

離婚に強い弁護士はこちら

2.浮気メールの証拠化の方法

旦那の浮気メールを証拠化するときには、どのようにするのが良いのでしょうか?

2-1.転送より写真撮影

よくあるのが、メールをそのまま自分の携帯やPCに転送してしまうパターンです。

確かに、転送も間違ったやり方ではありません。

しかし転送すると、相手から「手を加えたのではないか」「偽造したのではないか」「そんなメールを送っていない」などと反論されてしまう可能性が高まります。

そこで、浮気メールを見つけたら、転送するよりなるべくメールの画面を直接写真で撮影する方が効果的です。

 

2-2.写真撮影するときの注意点

旦那の浮気メールを写真撮影するときには、いくつか注意点があります。


送受信者、送受信日時を撮影する

1つは、メールの差出人、受信者と送受信日時を必ず撮影することです。

 

メールを撮影するとき、どうしても本文に目が行くので、本文しか撮影しない方がおられます。しかし、それだと相手から「そんなメール送っていない」「私が書いたものではない」と言われたり、「ずっと昔のメールだ」「別の人に送ったものだ」などと言われたりして誤魔化される可能性があります。

そこで、そんな言い訳をさせないために、送受信者と送受信日時を確実に押さえる必要があります。

離婚に強い弁護士を探すなら

浮気メールが長い場合の撮影方法

次に、浮気メールが長くて一枚の写真に入らない場合の対処方法です。この場合には、メール画面をスクロールして、上から順番に撮影し、数枚の写真によって1枚のメールの証拠を作りましょう。

撮影のコツは、1枚目の写真の一番下の部分と2枚目の写真の一番上の部分を少しずつ被らせながら、撮影していくことです。2枚目と3枚目の写真、3枚目と4枚目の写真などでも同じことです。

この工夫により、後で見直したときに、どの順番で写真を並べたら良いかわかりやすくなります。

もしも被った部分がなかったら、どの写真の次にどの写真を並べたら良いのかわからなくなって、メールを復元できなくなり、せっかく撮影した写真が無駄になってしまう可能性があります。

 

旦那のスマホの外観も撮影する

また、旦那のスマホや携帯の外観が写るように撮影することも大切です。旦那から「この画面は俺のではない」などと言い訳されないためです。

 

以上のようなことに注意しながら、1枚1枚メールを写真にして証拠化しましょう。

 

時間がないなら転送も可能

浮気メールの証拠化方法としては、写真撮影が有効ですが、写真撮影すると時間がかかるので、全部を写し切れない、ということもあるでしょう。

そのようなときには、浮気メールをまとめて転送することでも対応はできます。ただその場合、旦那から反論されやすいリスクがあります。

また、LINEのメッセージの場合、まとめて指定したメールアドレスに転送することによりバックアップをとる機能があるので、利用してみても良いでしょう。

 

3.浮気相手が不明な場合の対処方法

旦那の浮気メールを発見したとき、浮気相手が誰かわからない、ということがとても多いです。このようなとき、どうしたら良いのかご説明しますね。

3-1.弁護士に照会してもらう

浮気相手が不明な場合でも、相手のメールアドレスや電話番号がわかっていれば、氏名や住所を調べられる可能性があります。

そのためには、弁護士に相談する方法が有効です。

弁護士は、「23条照会」という特別な方法により、電話会社に照会をして、メールアドレスの利用者の氏名や請求書送付先の住所等を開示させられることがあるためです。

旦那の浮気メールを保存して、浮気相手のメールアドレスがわかったら、メールの写真を弁護士事務所に持参して、浮気相手を調べてくれるよう依頼しましょう。
こちらのサイトを使ったら、あなたのお近くの離婚に強い弁護士を無料で紹介してもらえるので、是非とも利用してみてください。

離婚弁護士を無料で紹介

3-2.探偵事務所に相談

ただし、今は個人情報保護の要請が高まっているので、弁護士が23条照会をしても回答を拒絶する電話会社があります。

そのような場合には、探偵事務所に相談をして、不倫相手を突き止めてもらう方法が効果的です。

旦那が浮気相手と会うところをみはからって後をつけてもらったり、GPSをつけて旦那と浮気相手の行動パターンを分析したりすることで、浮気相手の家を突き止めることができます。家がわかれば氏名と住所が判明するので、浮気相手に対する慰謝料請求も可能です。

慰謝料を支払わせることができたら、探偵事務所に支払う以上の利益が出るので、費用倒れになることもありません。

こちらのサイトを使うと、無料であなたの状況に合った探偵事務所を紹介してもらえるので、よかったら一度、利用してみてください。

優秀な探偵の紹介を受けたいなら

旦那の浮気メールを見つけてしまったあなたは、きっと大変なショックを受けていると思います。

しかし、あなたの将来を切り開くためには、まずは発見したメールを確実に証拠化することが大切です。

そして、旦那との離婚や不倫相手への慰謝料請求などの問題に対応するためには、法律のプロである弁護士によるサポートを受けることをお勧めします。また、メールでは浮気の証拠が不十分な場合、探偵事務所に依頼して調査してもらうべきケースもあります。

こうした第三者による援助を受けながら、有利に離婚や慰謝料請求を進めていってくださいね。

一人で抱え込むと辛いだけで良い知恵も浮かばずよいことはないので、必ず誰かに相談をしながら進めましょう。

成功を心からお祈りしています!

離婚に強い弁護士を紹介

あなたに合った探偵を紹介

ABOUT ME
ぴりか
元弁護士としての経験を活かして、離婚問題、親権、養育費、浮気、DV、夫婦関係の問題にお悩みの方々のサポートを行い対と考えております。現役時代は女性弁護士として、離婚・男女問題に積極的に取り組んでおりました。浮気されたとき、後に後悔しないためには当初から適切な対応が必要です。このブログでアドバイスをしていきますので、是非とも参考にしてみてください。 ツイッターで情報発信しているので、お気軽にフォローして下さると嬉しいです!

スポンサーリンク