浮気の証拠

不倫・浮気の証拠の集め方【裁判でも勝てる】元弁護士が徹底解説!

「旦那が不倫しているから、不倫相手の女に慰謝料請求したい!」

「でも、証拠ってどうやって集めたら良いの?」

「とりあえず集めてみたけれど、今の手持ちの証拠で足りる?」

もしも旦那が不倫していたら、ショックですよね…。離婚や慰謝料請求を考えるのは当然です。

そんなときには浮気の「証拠」が必要です。でも、法律上要求される証拠のルールは難しくて、「これで足りるの?足りないの?」と迷ってしまいませんか?

私も弁護士をしていた頃、証拠集めに困っておられるご相談者の方をたくさんおみかけしたので、すごくよくわかります。

今回は、不倫や浮気の証拠の集め方を、元弁護士の立場から解説します。


スポンサーリンク


1.不倫の証拠は「肉体関係」を示すものが必要

不倫・浮気の証拠を集めるとき、絶対に押さえておくべき点があります。

それは、「肉体関係」を示す証拠が必要だということです。

一般的には、「浮気」というと、必ずしも肉体関係を意味しません。きっとあなたも、一緒にデートしたりキスをしたりしていたら「浮気」と思うでしょう。

また、互いに好きだという気持ちを持っていたら「浮気」と考える方もおられます。中にはしゃべっただけで「浮気!」と言いたくなってしまう人もいますよね。

しかし、法律上の「不貞」(浮気、不倫のこと)は、「配偶者のある人が、別の異性と肉体関係を持つこと」です。

そこで、肉体関係がなかったら「不貞」にならないし、性関係を示さない資料を集めても慰謝料請求の証拠にならないのです。証拠が足りなかったら、慰謝料は一円も獲得できません。

これから証拠探しをするならば、旦那と不倫相手の「性関係」を証明できるか?という観点から証拠を探していきましょう。


2.裁判でも使える効果的な不倫の証拠

それでは、不倫の証拠としては何を集めたら良いのでしょうか?以下では、裁判でも使える法的に有効な浮気の証拠をご紹介していきます。

  • 旦那と不倫相手が交わしたメール、LINEのメッセージ

旦那と不倫相手が交わしたメールやLINEのメッセージから不倫が発覚することはとても多いです。ただ、メールやLINEで、直接性行為について書く人はほとんどいませんよね。

だから、これらの記録は、証拠としてはあまり強くありません。「好き」「愛してる」などと書いてあるだけでは「不貞」の証拠としては足りないのです。

泊まりがけの旅行やホテルなどに行ったことがわかる記載があれば、より直接的な不倫の証拠に使えます。

  • 旦那や不倫相手のブログやSNS

旦那や不倫相手がブログやSNSを使っているなら、目を皿のようにしてくまなく読んでみて下さい。よく見ると、不倫の証拠がちりばめられていることがあります。

たとえば、クリスマスの夜に一緒に過ごしたことがわかることもありますし、旦那が休日出金した日に実はデートしていたことが判明するケースもあります。

ブログやSNSには、意外と本当の行動や感情がにじみ出るものなので、相手が警戒して消してしまわないうちにプリントアウトして保存しましょう。

  • 旦那と不倫相手が写っている写真

旦那と不倫相手の写真も不倫の証拠になるケースがあります。ただ、デート中に一緒に写した写真だけでは弱いです。それでは肉体関係を証明できないからです。

たとえば、性行為の最中にふざけて2人で撮った全裸や半裸の写真などがあれば、かなり確実に不貞を証明できます。

  • 旦那と不倫相手の携帯の通話明細書

旦那と不倫相手の携帯の通話明細書も、証拠に使える可能性があります。ただ、通話記録からわかるのは通話していた時間だけで、通話内容まではわかりません。そこで、通話明細は関節的な証拠にしかなりません。

そうだとしても、深夜に長時間電話するのが続いていたら、普通は不倫していると思いますよね。

  • 旦那が不倫相手とデートしたときの領収証

旦那が不倫相手とデートしたとき、レストラン代やイベント会場、テーマパークなど、いろいろなところでお金を使います。そのようなときの領収証やクレジットカードの利用履歴も、関節的な浮気の証拠になります。

  • 不倫相手が妊娠したときの産婦人科の領収証

不倫相手が妊娠すると、旦那が産婦人科に付き添っていくことがあります。そのようなとき、旦那が病院代を支払い、領収証を持ち帰ってくるケースがあるんです。こんな物が見つかったら、かなり直接的な不倫の証拠に使えます。

  • 旦那が不倫相手の家に通うときに使う交通ICカード

旦那が不倫相手の家に通うとき、電車やバスなどの交通機関を使うなら交通スイカやパスもなどのICカードを利用しますよね。そこで、これらの交通ICカードの履歴をみると、旦那が相手の家に通っている事実とその時間を証明できます。ネットなどで履歴を確認できることが多いので、試してみて下さい。

 

  • 旦那と不倫相手が贈り合ったプレゼントやカード、手紙、メモ

浮気していると、お互いがプレゼントを贈り合ったり、誕生日カードや手紙を渡し合ったりすることがあります。このようなものも、関節的な不倫の証拠になります。


3.間接的な証拠を合わせて立証する

3-1.関節的な証拠をたくさん集めて立証する方法

上記のような証拠を集めても、「決定打に欠ける…。これじゃ、肉体関係は証明できていないかも」と思うことが多いです。

実際、肉体関係の証拠と言われると、かなり難しいのが実際の所です。

ただ、ばっちり肉体関係が直接証明されていなくても、上記のような証拠を数多く集めることにより、「まとめて一本」のような感じで不倫を証明できることもあります。

 

3-2.ネットを使って弁護士に無料相談ができる

今のあなたの手持ちの証拠で本当に不倫を証明できるのか?

それを知りたければ、離婚や男女問題専門の弁護士に相談してアドバイスをもらう必要があります。

素人判断だと、証拠が揃っていると思っていても実は足りなかったりして後で不利益を受けるおそれが高まります。慰謝料請求などの具体的な行動を起こす前に、まずは必ず弁護士に相談してみてくださいね。

「弁護士の知り合いなんて、いないよ…」

という方がほとんどだと思いますが、今はネットで自宅近くの離婚問題に強い弁護士を無料で探せます。本当に便利な世の中になったと思います。昔は知り合いに紹介を受けるしか弁護士を探す方法がなかったので。

ネットで見つけた弁護士の中には、無料相談を受けてくれる方も多いので、離婚や男女問題で悩んでいるなら、絶対に利用すべきです。迷っているなら、勇気を出して1歩前に進んでみてくださいね。

4.探偵事務所は必要?

さて、ここまでは自分で集められる不倫の証拠を説明してきたのですが、やっぱり不倫の証拠と言えば「探偵調査」を思い浮かべますよね。

探偵事務所に依頼した方が、正確な不倫の証拠をつかめるのでしょうか?

4-1.探偵事務所の調査報告書は裁判でも証拠にできる

実際に、尾行調査が成功すれば、探偵事務所の調査報告書はとても有効な不倫の証拠になります。

探偵に不倫の調査を依頼したら、専門のスタッフが相手方らを尾行します。そして、ホテルに入ったり相手の家に泊まったりするところを押さえて証拠写真をたくさん撮影します。

一晩をともにした事実を確かめられたら、その状況を詳細な調査報告書にまとめます。

このようにして作成された調査報告書があったら、裁判所も不倫を認定して相手に慰謝料請求を出してくれるのです。

実際、私も弁護士の頃、当初は何とか自力で証拠集めをしていたけれど、やはり証拠が不足していると判断して、探偵に依頼して浮気の事実をつかんだ依頼者の方がたくさんおられました。そのような方は、みなさま慰謝料請求に勝ち、高額な慰謝料を手にして納得されていました。

費用についても気になるところだと思いますので、相場を説明します。

探偵事務所にかかる費用はだいたい数十万円程度(10~60万円くらいが多い)です。

対して慰謝料は数百万円単位になることが多いので、充分探偵事務所に払った費用の元を取れますよね。

もし、手持ちの証拠に自信がないなら、一度探偵事務所に相談してみるのもよいでしょう。
響Agent 浮気診断シュミレーター匿名申込

4-2.良い探偵事務所の探し方

ただ、探偵事務所なんて、弁護士事務所以上に近寄りがたく到底一人で相談できない、という方もおられるかもしれません。

そこで、私は相談しやすい探偵事務所がないか、探しました。こちらの探偵事務所は、弁護士が運営をしています。弁護士であれば、社会的な責任もあるので滅多なことはありませんし、無料で相談を受けてくれるなど良心的な対応をしてくれます。

どうしても探偵が必要、というときには、一度連絡をされてみると良いと思います。

旦那が不倫したとき、とにかく重要な証拠集め。自分一人では対応力に限界があるので、弁護士や探偵事務所の手を借りながら、確実な証拠を集めて圧倒的に高額な慰謝料を獲得しましょう。

離婚専門弁護士を探すならこちらへどうぞ

ABOUT ME
ぴりか
元弁護士としての経験を活かして、離婚問題、親権、養育費、浮気、DV、夫婦関係の問題にお悩みの方々のサポートを行い対と考えております。現役時代は女性弁護士として、離婚・男女問題に積極的に取り組んでおりました。浮気されたとき、後に後悔しないためには当初から適切な対応が必要です。このブログでアドバイスをしていきますので、是非とも参考にしてみてください。 ツイッターで情報発信しているので、お気軽にフォローして下さると嬉しいです!

スポンサーリンク