探偵事務所について

旦那の浮気が発覚!探偵事務所の選び方を徹底解説!

この記事を読んでいるあなたは、旦那の浮気を許せないと思っていますよね?

旦那が不倫しているとわかり、探偵調査を依頼しようとしているのでしょう。そのお気持ちは痛いほどよくわかります。私は現役時代、そういった女性の方からのご相談を本当にたくさんお受けしてきたからです。

「でも、探偵事務所なんてどうやって選べば良いかわからないし、いきなり電話するのは怖い…」

そう思うのも当然です。しかし、探偵に依頼しないと浮気の証拠がつかめません。慰謝料請求するにも離婚するにも復縁するにも、絶対に必要なのが浮気の証拠。

だから今回は、探偵事務所の選び方を徹底的に解説します。この記事を読めば、探偵事務所の正しい見極め方がわかり、安心して良い探偵事務所を選ぶことができるようになります。さっそくみていきましょう!


スポンサーリンク


1.探偵事務所の選び方1:誇大広告をしていない

探偵事務所を探すときには、ネットを使って検索すると便利ですが、このとき「誇大広告」に注意しなければなりません。

たとえば「必ず浮気の証拠をつかみます」「成功率は100%」などという広告は虚偽です。

探偵の調査は失敗することもあります。このような広告は、消費者をだますものとして違法になります。そんな業者に依頼すると不利益を受ける可能性が高いので、辞めておきましょう。適正広告の調査会社を選ぶべきです。

2.探偵事務所の選び方2:料金体系についてきちんと説明を受けられる

次に、料金体系も重要です。

まず、相談や見積もりが無料の探偵事務所を選びましょう。見積もりを出してもらっただけでお金がかかってしまうと、依頼もしないのにお金だけ取られることになるので無駄です。

また、かかる料金についてきっちり説明してくれる探偵事務所を選ぶべきです。費用の点があいまいだと、後から聞いていなかった追加費用を請求されてトラブルになる事例があります。

3.探偵事務所の選び方3:費用が高すぎず安すぎない

料金は、高すぎてもいけませんが安すぎてもいけません。

まず、高すぎるとぼったくりの可能性があります。法外な金額を要求してくるような探偵事務所は悪徳業者かもしれないので、辞めておくべきです。

かといって安すぎる場合、人件費をかけずに適当な調査しかしてくれない可能性があります。いくら安くても調査に失敗するとお金をどぶに捨ててしまうようなものなので、不利益です。

そこで、高すぎず安すぎもしない、適正な料金体系の探偵事務所を選ぶ必要があります。

探偵事務所の料金相場は、だいたい調査員1名、1時間7500~1万円程度です。

4.探偵事務所の選び方4:探偵事務所の場所

依頼先の探偵事務所の場所も問題です。

基本的には、自宅からなるべく近い方が良いです。その方が打ち合わせもしやすいですし、コミュニケーションをとりやすいからです。

ただ、浮気相手などの調査対象が遠方にいる場合には、現地の探偵事務所を使った方が、費用が安くなる可能性があります。遠方に調査に行ってもらうためには交通費がかかるからです。ケースに応じて利用しやすい立地の興信所を利用しましょう。

5.探偵事務所の選び方5:探偵業の届出をしている

日本で探偵業をするためには、公安委員会に探偵業の届出をする必要があります。そして届出をすると、探偵業の登録番号が与えられます。探偵事務所は、その許可証を事務所のわかりやすい場所に掲示しなければならないと法律で定められています。

そこで、ウェブサイト上で探偵事務所を探すときには、まずは「探偵業届出番号」が記載されているかどうか、チェックしましょう。番号のない探偵事務所はもぐりの可能性があるので、利用すべきではありません。

また、探偵との打ち合わせ時に事務所に行ったとき、必ず探偵業の許可証を確認しましょう。これを掲示していない業者は違法ですので、やはり利用すべきではありません。

6.探偵事務所の選び方6:行政処分を受けていない

探偵事務所は公安委員会による監督を受けます。もしも違法行為や不当な行為があると、公安委員会から各種の行政処分を受けます。行政処分の内容は、営業停止命令や営業廃止命令などです。

業務停止命令を受けた探偵事務所は、各都道府県の警察庁のウェブサイトで確認できる場合があるので、依頼する前に問題のある探偵事務所ではないか、確認しましょう。

(ただし、公表されていない都道府県もあります)

たとえば大阪の場合

http://www.police.pref.osaka.jp/05bouhan/tantei/index.html

7.探偵事務所の選び方7:オフィスで面談する

探偵事務所に相談を申し込んだとき、ファミリーレストランなど、事務所以外の場所を面談場所に指定してくる調査会社は怪しいと考えた方が良いです。

先ほども説明したように、探偵事務所には、わかりやすい場所に探偵業許可証を掲示しなければなりません。事務所に行けばそのような証拠も確認できますが、外で会ったら相手が本当に許可を受けた探偵事務所かどうかがわかりません。

また、事務所の場所を知らないまま契約してしまったら、トラブルになったときに責任追及できなくなる可能性もあります。

相談の電話をしたときに、「では事務所に来て下さい」と言ってくれる調査会社を選択しましょう。

8.探偵事務所の選び方8:電話対応

探偵事務所に電話をかけたときの対応も重要です。

こちらの疑問に対して曖昧な回答しかしない探偵事務所は辞めておいた方が良いです。たとえば、

どのような調査をするのか?

どのくらいの実績があるのか?

どのくらいの費用がかかるのか?

など、電話で聞きたいこともあるでしょう。

これらの疑問にはっきり答えず誤魔化しているような雰囲気を感じたら、やめておいた方が良いでしょう。

9.探偵事務所の選び方9:古くから営業している、弁護士が運営している

探偵事務所を選ぶとき、設立が古く実績の高い調査会社を選ぶ視点もあります。古くから営業しているということは、それだけ信頼性が高いということですし、トラブルも起こしていないということです。いい加減な業者もいる世界だからこそ、長年の実績が評価されます。

また、弁護士が運営している探偵事務所なら、必ず法律を守っているでしょうからやはり安心感が高いです。弁護士であれば法外な費用を請求することもないでしょう。

「探偵事務所に相談」というと、どうしてもかまえてしまうものです。しかし、浮気調査をするときには、一歩前に進まないと何も始まりません。行動をしないと、慰謝料請求も離婚もできないのです。それどころか浮気した旦那の言うままに慰謝料なしで離婚させられて、旦那と浮気相手はめでたく再婚、という最悪のシナリオも考えられます。

そんなことにならないためには、事前に確実な証拠を手に入れる必要があります。

不倫されただけでも十分に不運ですが、そのようなときでも、行動できる人と行動できない人とで天と地ほどに結果が変わってきます。私はずっとあなたを応援しています。1人ではないので、あなた自身の未来を切り開くため、まずは勇気を出して一歩踏み出してみてください。

ABOUT ME
ぴりか
元弁護士としての経験を活かして、離婚問題、親権、養育費、浮気、DV、夫婦関係の問題にお悩みの方々のサポートを行い対と考えております。現役時代は女性弁護士として、離婚・男女問題に積極的に取り組んでおりました。浮気されたとき、後に後悔しないためには当初から適切な対応が必要です。このブログでアドバイスをしていきますので、是非とも参考にしてみてください。 ツイッターで情報発信しているので、お気軽にフォローして下さると嬉しいです!

スポンサーリンク