探偵事務所について

浮気の裁判に探偵を使わずに勝訴する(勝つ)方法とは?元離婚弁護士が解説!

「旦那が浮気しているから裁判で慰謝料請求したいけど、証拠が足りないかも…」

「世間では裁判に勝訴する(勝つ)ために探偵を使うように言われてるけれど、探偵は絶対に必要なの?できれば使いたくない」

「探偵事務所に相談するなんて、怖いし怪しすぎる」

 

こんな風に悩んでいるなら、この記事を読んでみて下さい。

私は元弁護士ですが、探偵の調査報告書なしで浮気を認めさせて慰謝料を勝ち取ったことも何度もあります。

以下で、その方法をご紹介します。

 


スポンサーリンク


1.浮気の裁判で証明すべき事実

浮気の裁判に勝つためには、「絶対証拠が必要」と言われます。

これは真実で、裁判所というところは、証拠のあることしか認めないのです。

旦那と不倫相手の女が浮気していても、こっちが証拠を揃えてわかりやすく提示しないと、浮気はなかったことにされてしまいます。

 

それでは、浮気の証拠として何を集めたら良いのでしょうか?

旦那と不倫相手がラブラブメールを交わしているのを集めたら足りるのでしょうか?

実はそれでは不十分です。

法律的に「浮気」で慰謝料請求をするためには「不貞」に該当する必要があります。

不貞とは、結婚している人と肉体関係を持つことです。

旦那と不倫相手が浮気していても、「肉体関係」を証明できなければ、慰謝料を獲得できないし、離婚条件も不利になってしまいます。

肉体関係を立証するなんて、実際にはなかなか難しいです。ラブラブメールを送り合っているからと言って、性交渉してるとは限りませんよね?

2.浮気の裁判で探偵の調査報告書が強力な理由

浮気の裁判に勝つために、どうして探偵の調査報告書が必要と言われるのでしょうか?

それは、探偵の調査報告書は、直接的に肉体関係を証明できるからです。

普通、旦那と不倫相手の女性が交わしているLINEやメールに、直接性交渉について書かれていることはないですよね。

「好き」「愛してる」「今すぐ会いたい」とかハートの絵文字などが一般的な不倫メールの内容です。しかしこれでは肉体関係があるかどうかわからないので、不貞の証拠になりません。

それどころか、抱き合っている写真やキスをしている写真があっても、裁判所は「肉体関係が証明できていない」と判断することがあります。

 

これに対し、探偵の調査報告書の場合、専門のスタッフが24時間相手方らに張り付いて、ホテルに入るところや浮気相手の家に泊まるところなどを押さえて、詳細に報告書にまとめます。また、その様子を写真や動画に落とし、確実に証拠化します。

だからこそ、裁判所もスムーズに「不貞」を認定して慰謝料の支払い命令を下すのです。

このように、探偵の調査報告書は不貞の立証に非常に有効だから、いろいろなところで探偵に浮気調査を依頼するように推奨されているのです。

3.探偵の調査報告書なしで浮気の裁判に勝つ方法

探偵の調査報告書なしに浮気の裁判に勝訴する(勝つ)方法はないのでしょうか?

そのようなことはありません。冒頭でも言いましたが、私は探偵の調査報告書なしで、不倫の裁判で勝訴した経験がいくつもあります。

以下で、裁判で勝つためにどのような証拠があったらよいのかご説明します。

 

  • 直接的なメール

まず、旦那と不倫相手との肉体関係がわかるような、直接的なメールやメッセージがあったら証拠にできます。

直接肉体関係を示していなくても「愛してる」ハートなどのメッセージの応答が繰り返されていたら、裁判所に少なくとも「怪しい」とは思ってもらえますし、証人尋問で不倫相手を追及する根拠にはなります。

  • 直接的な写真

実は、旦那のPCやスマホに不倫相手の女性との性行為を示す直接的な写真が保管されていることがとても多いのです。相手の上半身裸の写真、相手と一緒に半裸や全裸で撮影した写真、相手の局部を写した写真などがあります。そのようなものがあったら、もはや不貞は立証できたと考えて良いです。

  • 宿泊したことがわかる資料

たとえば民宿やホテルなど、2人で宿泊した資料があると強いです。2人で旅行に行くための航空券の予約サイトの画面を証拠にできたこともありました。

  • 明らかに怪しい通話明細

携帯電話の通話記録は、意外と証拠になります。たとえば夜中に何時間も通話していたら、明らかに怪しいですよね?それが連日連夜続いていたら、裁判所も「やっぱり不倫してるんじゃないの?」と考えます。

  • 住民票

旦那が家出したパターンで、旦那が不倫相手の女の家の近くに引っ越して住民票を移していたことがありました。そのときには、住民票を関節的な証拠に使ったことがあります。

  • 賃貸借契約書

旦那が不倫相手の住居(賃貸住宅)を用意した事案では、旦那が隠し持っていた賃貸借契約書において、賃借人が不倫相手、旦那が連帯保証人になっていたので「不倫している」と主張する証拠に使えました。

 

このように、不倫の証拠は意外といろいろあるものです。これらを集めれば、探偵に依頼しなくても裁判に勝てる可能性が充分にあります。




4.それでもやっぱり探偵に依頼した方が安心

ただ、上記のようなものがあっても「確実に勝てる」とは限りません。確実に不貞を立証して慰謝料を勝ち取りたいなら、やはり探偵に依頼するのが一番でしょう。

探偵の中には、成功報酬制となっており、証拠がとれなかったらお金がかからないところなどもあるので、元弁護士の立場としても、手持ちの証拠に不安があるなら是非とも利用してみると良いと思います。
こちらの探偵社は弁護士が運営していて、相談料も無料なので安心です。一度相談されてみてはいかがでしょうか?

また、離婚や浮気の裁判で勝ちたいなら、浮気や男女問題に強い弁護士に依頼すべきです。

弁護士に依頼した方が高額な慰謝料を獲得できるので、弁護士費用を払っても結局得になりますよ!

まずは無料検索サービスを利用して、あなたに合った弁護士を慎重に探してみて下さい。

ABOUT ME
ぴりか
元弁護士としての経験を活かして、離婚問題、親権、養育費、浮気、DV、夫婦関係の問題にお悩みの方々のサポートを行い対と考えております。現役時代は女性弁護士として、離婚・男女問題に積極的に取り組んでおりました。浮気されたとき、後に後悔しないためには当初から適切な対応が必要です。このブログでアドバイスをしていきますので、是非とも参考にしてみてください。 ツイッターで情報発信しているので、お気軽にフォローして下さると嬉しいです!

スポンサーリンク