浮気の証拠

「不貞」と「浮気」「不倫」の決定的な違いと証拠の集め方を元弁護士が解説!

旦那が不倫しているかもしれない…

そんなことが気になりだしたら、気になって夜も眠れなくなってしまいます。
もし本当に不倫していたら、離婚も考えないといけないし、慰謝料をどのくらいもらえるのかも心配です。
ただ、旦那の不倫で離婚するためには、法律上の「不貞」になっている必要があります。

法律上の不貞と一般的な「浮気」「不倫」には異なる点があるので、要注意です。

不貞と不倫、浮気は何が違うのでしょうか?また、どのようにして証明すればよいのか、元弁護士の立場から説明していきますね。


スポンサーリンク


1.不貞とは

法律上の「不貞」とは、配偶者のある既婚者の人が、配偶者以外の人と性関係(肉体関係)を持つことです。

一般的には「不倫」「浮気」と言われていることが多いです。

違いは、不倫や浮気という場合、必ずしも「肉体関係」を伴わないことです。

特に、浮気という場合、単に「好き」と言い合っている場合やデートしているだけの関係を意味するケースも多いです。このようなプラトニックな関係では「不貞」にはなりません。

たとえキスをしていても「不貞」ではないのです。法律と常識のズレを感じますよね…。

それでも、不貞と言うには、男女関係、肉体関係が必要なのです。

このことは、不貞を理由として離婚したり慰謝料請求したりするときに、非常に重要なポイントになるんです。



2.不貞は法律上の離婚原因

肉体関係を伴う「不貞」は、法律上の離婚原因になっているので、旦那が「不貞」していたら離婚できます。

参考までに、民法では、離婚訴訟によって離婚できるケースを5つに分類しています。

  • 不貞
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 回復しがたい精神病
  • その他婚姻関係を継続し難い重大な事由

不貞は真っ先に挙がっていますよね。重大な裏切り行為ですから、当然と言えば当然です。

法律上の離婚原因があると、訴訟によって強制的に離婚させてもらうことができるので、たとえ旦那が「絶対離婚したくない!!」などと言っていても、こちらが請求したら離婚できます。

3.不貞した人は、離婚請求できない

「不貞が法律上の離婚原因になっているなら、不貞した旦那の方から離婚されることもあるの?」と心配になる方がおられます。
しかし、その心配は要りません。
不貞した人は、自分が離婚原因を作りだした責任ある人です。このような配偶者のことを「有責配偶者」と言います。

法律では、有責配偶者からの離婚請求が認められていないのです。自分が離婚原因を作っておいて、身勝手に離婚請求するのは許さない、という考え方です。当たり前ですよね。

そこで、不貞した人が離婚訴訟を起こしても、あなたが「離婚しません」と言えば、請求棄却されて離婚が認められません。

旦那が不倫しておいて、身勝手にも「離婚してくれ」などと言ってきたとき、あなたさえ拒絶している限り相手は離婚できないということです。
納得できない離婚に応じる必要はないので、安心して下さいね!

4.不貞されると慰謝料請求できる

最後に、不貞と慰謝料についてご説明します。

4-1.不貞があると慰謝料が発生する

配偶者が不貞すると、「慰謝料」が発生します。

不貞は、民法上の「不法行為」になるからです。旦那に不貞されたら妻は多大な精神的苦痛を受けるから、これも当たり前ですよね。

不貞は配偶者と不貞(不倫)相手が共同して行うものなので、配偶者と不倫相手は共同で連帯責任を負います。そこで、不貞されたら配偶者と不倫相手の両方に対して全額の慰謝料請求ができます。
不倫相手の女から「旦那に先に請求して」とか「半額しか支払わない」などと言われることはありません。

4-2.慰謝料請求には「証拠」が重要

ただし、不貞の慰謝料請求をするには必ず証拠が必要です。証拠がないのに請求をしても、「不倫なんてしていない」と言われたら、それ以上何も言えなくなってしまうからです。むしろ不倫女から「奧さんの被害妄想」「バカじゃないの?」という扱いをされてしまうケースも多いんです。そんなことになったら耐えられませんよね。

不倫の慰謝料の証拠としては、配偶者と不倫相手が交わしたメールや一緒に写っている性的な写真、LINEのデータ、デートやプレゼントの領収証、電話の通話履歴などが考えられます。

ただ、これらでは、残念ながら、肉体関係を証明できないことが多いのです。
そこで有効になるのが、探偵の調査報告書です。

探偵事務所に依頼すると、相手方らにしっかりと張り付いて、ホテルを利用したところや浮気相手の家に泊まったところをとらえて証拠化してくれます。

詳細な文章とたくさんの写真、動画により、相手方も言い逃れができない程度の資料ができあがります。

きちんとした調査報告書は、充分裁判の証拠としても通用するんですよ。

確かに探偵事務所は怪しいイメージもありますが、弁護士が運営している探偵事務所などもあります。
弁護士はいろいろな重い責任を負っているので、滅多なことはできません。良心的に運営しているので、一度相談してみても良いとおもいます。
弁護士が運営する探偵事務所はこちら

旦那が「不貞」したら許せない思いが強いはず。
不倫女と旦那にペナルティを与えるには、離婚や男女問題に強い弁護士に相談してみることが有効です。
どうしても、自分一人でできることには限界がありますし、精神的にもきつすぎます。
無料で離婚問題に強い弁護士を探せる検索サービスがあるので、是非とも一度、利用してみて下さい。

無料で離婚サポート弁護士を探すならこちら

ABOUT ME
ぴりか
元弁護士としての経験を活かして、離婚問題、親権、養育費、浮気、DV、夫婦関係の問題にお悩みの方々のサポートを行い対と考えております。現役時代は女性弁護士として、離婚・男女問題に積極的に取り組んでおりました。浮気されたとき、後に後悔しないためには当初から適切な対応が必要です。このブログでアドバイスをしていきますので、是非とも参考にしてみてください。 ツイッターで情報発信しているので、お気軽にフォローして下さると嬉しいです!

スポンサーリンク